SWMのバイクとFIATパンダを愉しむ自動車部品商ブロガー・Tムラブログ

SWM・グランツーリスモとFIATパンダに乗る自動車部品商Tムラがバイクや車に関する記事を書いています

SWM・グランツーリスモの社外品フロントブレーキパッドを交換しました【純正品番検索から社外品の適合確認をしました】

スポンサーリンク

SWMのメンテナンスは兼ねてからの問題点でした。

 

大きな問題点の一つが『部品供給』でした。

 

純正部品しか対応が無く、国内メーカー社外品との互換性がほぼ無いというのが現状で頭を悩ませていました。

 

そんな中、ディスクパッドの消耗が激しく交換をしないといけないところまで摩耗しておりました。そして時間が無い!(これは私の都合ですが・・・)

 

ということで私は国内メーカーで対応出来得る社外品が無いものかと探すことにしました。

 

今回は交換作業を依頼したNモータースのNさん全面ご協力のもと実現しました。

(ありがとうございます)

 

この記事をご覧頂きましたら、パーツ検索の経緯・純正部品との比較まで写真を参考にご覧いただけます。

 

SWM・グランツーリスモの社外品フロントブレーキパッドを交換しました【純正品番検索から社外品の適合確認をしました】

 

 

①純正部品の検索

まず最初に行ったのは純正品番の検索です。

SWMは部品展開図が誰でもネットで観覧できるようになっていますので大変便利です。

 

PARTS / OPTION CATALOGUE | PARTS / OPTION | SWM Motorcycles JAPAN (swm-motorcycles.jp)

 

グランツーリスモのカタログを選択します。

 

フロントキャリパーの分解図です。

15番がフロントディスクパッドですね。

 

15. PAIR OF BRAKE PADS

純正品番:55090061

この品番から展開していきます。

 

②海外サイトで形状確認

上記の純正品番をベースに海外サイトを検索しました。

すると下のサイトがヒットしました。

すると『まずはこんな形状なんだな』ということが解ります。

 

③海外サイトで社外品検索

次に海外サイトで販売されているSWM対応の社外品ブレーキパッドが無いか検索してみました。

たくさんHITすると思いますが、先ほどお調べした純正の形状と同じものを選びました。

 

すると適合寸法が特定できました。

 

横:94.1mm

縦:33mm

パッドベース:4mm

パッドシュー:4mm

 

④SWMの投稿

実際に社外品を交換しているSWMユーザーさん(頼もしい先輩)がおられないか検索してみました。

 

ブレーキパッド交換|ブレーキ関連|足廻り|SILVER VASE 400(SWM)のメンテナンス・整備情報 | みんカラ (carview.co.jp)

 

みんからさんにシルバーベースのディスクパッドについて検索、交換された情報が載っておりました。(めっちゃ助かります。)

 

この寸法のディスクパッドへ交換されて『問題なし』と記載せれておりました。

 

先程私が調べていた社外品との寸法ともほぼ合致します。

 

ここで私が気になっていた部分が上部の角2か所の形状が違う事でしたがそこもクリアしているとのことでした。

 

⑤国内メーカー社外品の検索

あとは上記の寸法にほぼ合致している国内メーカーの商品を探すだけとなります。

今回の記事はフロント編として記事にしていますが、リヤも交換しています。

 

フロントパッドは上記左側のキタコ製:694HFへ交換してもらうことにしました。

 

 

街乗り用のスタンダードタイプで品質と信頼のキタコ製。

寸法もほぼ同じです。

 

無事に取付完了のご連絡を頂いてホッとしました。

 

 

⑥純正と社外を並べてみた

最後に純正品と社外品を並べてみました。

全然違うように見えてしまいますが実際に上側2枚のパッドを下側へ交換する事ができました。

 

限界を突破しておりNモータースさんからは『これはやばいで💦』と警告を受けてしまいました。

 

反省です。

次回はもう少し余裕を持って交換依頼します。

 

⑦交換風景

Nモータースさんから交換風景の写真を頂きました。

ローターに干渉してしまってました。

アウトです。

ローターにも歪みが。。。

今後ブレーキの効きに影響するなら交換になりそうです。

 

様子を見ながら使用します。

 

⑧まとめ

今回のメンテナンス依頼でブレーキ関係は当然のことながら『もっとバイクの事を観察しながら乗らないといけない』と感じました。

 

オイル交換ぐらいしか気にかけていなかったので乗りながら疑問に思ったことは確認していくような癖付けをしていかないとなと思います。

 

そもそもそんなことは当たりまえの事なんだと思いますが。

毎日勉強です。

 

次回はリヤのディスクパッドについて記事にします。

ありがとうございました。