6輪生活を愉しむTムブログ

ラーメン大好物の#洗車男子・Tムラがバイクや車を中心に書きたい事を書きます🖋

COPPA DI KYOTO 2021 ~コッパディ京都2021~【現地へ行ってきました】

スポンサーリンク

f:id:h-10166:20210613153002j:plain

2021年6月6日㈰ 快晴。

 

第9回コッパディ京都

 

今年も無事に開催されました。

 

コッパディ京都実行委員会 主催

年1回京都を拠点として行われるクラシックカーの祭典です。

 

私はこのイベントが開催されていることは知っておりましたが

観覧したことが無かったので今年こそはと現地へ行ってきました。

 

今年はゴールシーンを観に行きましたのでその様子をお伝えしたいと思います。

 

この記事について

この記事はコッパディ京都の開催地へ行って観てきた感想や

現地へ行ったことのない方へ向けて

  • 車を停める場所はある?
  • 具体的な場所はどこ?
  • 会場内はどんな感じ?
  • 楽しみ方は?

という疑問もお答えしますので是非、来年はその愉しさを共有できれば幸いです。

 

COPPA DI KYOTO 2021 ~コッパディ京都2021~【現地へ行ってきました】

f:id:h-10166:20210613154837j:plain

 

 

①コッパディ京都とは

f:id:h-10166:20210613160201j:plain

COPPA DI KYOTO(コッパ ディ 京都)とは

京都で開催されるクラシックカー・ラリーの祭典です。

 

コッパ ディ 京都 | COPPA DI KYOTO (coppa-di-kyoto.com)

 

参加車両としては

『1970年までの車両と主催者が認めた車両』

ということで普段お目にかかれないようなクラシックカー

集まっておりました。

 

②開催日時と会場

開催日時と会場・スケジュールは下記の通りでした(オフィシャルサイト参照)

 

2021年6月5日(土)

8:00 受付 嵐山・高雄パークウェイ 高雄口 大駐車場
9:30 スタート
17:30 ゴールおよび宿泊 ホテル&リゾーツ京都 宮津(京都府宮津市)

 

2021年6月6日(日)

8:30 スタート
11:00 ゴール 嵐山・高雄パークウェイ高雄口 大駐車場
12:30 参加者ランチ もみぢ家別館 川の庵(川床)

 

③一般観覧車の駐車場は?

私はまだまだ参加するなんか夢のまた夢。

一般車両にて笑顔で観覧ということで愛車のパンダで現地へ。

 

今回は6日のゴール地点・高雄パークウェイ高雄口 大駐車場へ向かったんですが

正直どこに自分の車を停めておけばよいかわかりませんでした。

 

高雄パークウェイは有料でした。

¥1,200-お支払いして入口を突破するとすぐに会場を発見。

f:id:h-10166:20210613162559j:plain

〇印のゲートから入ると右側がイベント貸し切りスペースの為、一般観覧者の駐車はできませんでした。

左側に10台ほど停められるスペースがありましたので、

早めに到着した私は特等席を奪取致しました。

入口付近に駐車出来なくなると少し道なりに走ったところにも駐車場がありますので

そこへ停めて会場まですこし歩くことになります。

めっちゃ遠いわけではないので問題ない程度です。

 

高雄大駐車場 | 京都・高雄の観光ガイド (360navi.com)

 

④参加車両の様子

参加車両のゴール予定時刻は11時でしたが

公道が混んでいたらしく11時半ごろから続々と会場に集まって参りました。

 

クラシック過ぎて全ての車両が何か説明つきませんが

写真を撮りまくりましたのでご覧頂ければと思います。

f:id:h-10166:20210613170800j:image
f:id:h-10166:20210613170722j:image
f:id:h-10166:20210613170811j:image
f:id:h-10166:20210613170600j:image
f:id:h-10166:20210613170617j:image
f:id:h-10166:20210613170605j:image
f:id:h-10166:20210613170708j:image
f:id:h-10166:20210613170630j:image
f:id:h-10166:20210613170554j:image
f:id:h-10166:20210613170641j:image
f:id:h-10166:20210613170819j:image

f:id:h-10166:20210613170654j:image
f:id:h-10166:20210613170728j:image
f:id:h-10166:20210613170746j:image
f:id:h-10166:20210613170623j:image
f:id:h-10166:20210613170750j:image
f:id:h-10166:20210613170701j:image
f:id:h-10166:20210613170715j:image
f:id:h-10166:20210613170636j:image
f:id:h-10166:20210613170549j:image

 

f:id:h-10166:20210613170734j:image
f:id:h-10166:20210613171010j:image

クレイジーケンバンド横山剣さんも参加されておりました。

 

クラシックカーと相性の良いブランド

私がこういうイベントへ行くときにいつも『ウェア』を考えます。

せっかくクラシックカーのイベントへ行くのでスタイルから愉しもうということです。

 

会場内で参加ドライバーさんの身に着けているウェアや小物はすごく勉強になります。

特にカッコよかったのは『warson motors(ワーソンモータース)』でした!

f:id:h-10166:20210613171117j:image
f:id:h-10166:20210613171121j:image

 

 

warson motors(ワーソンモータース)

スイスのモーターアパレルなんですが、60年代から70年代のレーシングドライバーやクルマをオマージュしたアイテムでわざとヴィンテージ仕様に加工してあるほどこだわりが強いブランドです。

 

 

以前に紹介した記事がありますので是非参考にしてみてください。

 

www.daikoku26.com

www.daikoku26.com

www.daikoku26.com

 

 

⑥車好きのためのアパレル『Motorimoda』

『warson motors(ワーソンモータース)』をはじめクラシックカー好きが集まるセレクトショップがMotorimoda(モトーリモーダ)です。

f:id:h-10166:20210613165438j:plain

海外ブランドがメインですが

クラシックカーやF1好きの社長自らヨーロッパへ買い付けに行くという

こだわりのアパレルたちが所狭しと並んでおります。

 

本店のショップは銀座。

 

ご自慢の愛車に合う逸品が必ず見つかるはずです。

 

Shop Information | Motorimoda