6輪生活を愉しむTムブログ

ラーメン大好物の#洗車男子・Tムラがバイクや車を中心に書きたい事を書きます🖋

最新の電動車椅子はシニアカーのイメージを変える【こんなにかっこいいモデルがあるんです】

スポンサーリンク

f:id:h-10166:20210508005837j:plain

総務省統計局によりますと、日本の総人口は1億2541万人。

 

2040年には65歳以上の割合が35%を上回ると言われています。

 

わたしもいつかは高齢者となり体力が衰えていくのかとおもうと・・・

悲しいですが。

 

高齢者の『足』となる電動車椅子ですが、これまでのイメージを一新したデザインのブランドを扱っているお店があり感動し是非ご紹介したいと思いました。

 

そもそもカッコいい電動車椅子ってあるのかなぁ・・・

どこへ問い合わせしたらいいのかなぁ・・・

どんなモデルがあるのかなぁ・・・

 

という疑問にお答えします。

 

最新の電動車椅子シニアカーのイメージを変える【かっこよくてびっくりしました】

f:id:h-10166:20210508012535j:plain

 

 

電動車椅子のイメージ

前置きとして今回はあえてデザインに特化した話を

電動車椅子のイメージというと同じようなデザインのもが多いと思いませんか?

f:id:h-10166:20210508013815j:plain

ほんとにこれが頭に浮かびます。

このモデルがどうこうといったことではなくて

使用している方の中には「周りと同じものは嫌だ」「もっとかっこいいデザインのものはないのかな?」と思っている方もおられるのではないかと思います。

呼び名が「シニアカー」というのも。。。

 

電動車椅子の出荷台数と展望

出荷台数

電動車いす安全普及協会による年別の出荷データによると年々出荷台数が伸びていることが解ります。

f:id:h-10166:20210508015742p:plain

f:id:h-10166:20210508015816p:plain

 

f:id:h-10166:20210508015857p:plain

展望:これからは電動車椅子にも『個性』を出す時代が来るか

現在50代~70代はスーパーカークラシックカー・バイクなどの『乗り物』を愉しんでこられた世代。

愛車へのこだわりは生涯変わらないと思いますし、何よりも生活が楽しくなる事は生きる活力にもなるのではないかと思います。

 

電動車椅子の専門店『口笛』

こんな記事を見つけました。

 

世界でも珍しい電動車椅子セレクトショップ『口笛』

機嫌が良い時に自然と口笛を吹くように

愛車に乗っているときは口笛を吹いていたいですね。

また、口笛の『口』の形はキスの『口』。愛のある平和な生活を送りたいです。

f:id:h-10166:20210508020653j:plain

  • フルカーボンの高級軽量モデル
  • 国内外の多種多様なラインナップ
  • 電動アシスト機能搭載モデル

お店には様々実車が並んでおりますので詳しい説明を聞きながら嗜好の1台を探せます。

 

店舗情報

口笛

〒157-0077

東京都世田谷区兼田3-12-11

 

営業時間

am9:00 ~ pm6:00

 

電話番号

03-5494-5225

 

SNS

 https://twitter.com/kucibue_tw?s=20

④気になるかっこいい電動車椅子ブランド2選

 おすすめ1:Wheeliy(ウィーリー)

スポーツ用品で有名なモルテンが展開するWheeliy(ウィーリー)

『メガネ』が補正器具という概念から日常に溶け込む生活必需品となったように車椅子も日常風景に溶け込むような『クルマイス』を作りたいと考えましたというコンセプト通りのモダンなデザインです。

f:id:h-10166:20210508023249p:plain

 Wheeliy ウィーリィ 日常を旅するクルマイス|株式会社モルテン 健康用品事業本部 (molten.co.jp)

 

おすすめ2:RELYNC Tech

アメリカやヨーロッパをはじめ世界中で販売されているRELYNC Tech

折り畳み式で大変コンパクトにまとまりますので車での持ち運びに便利です。

最先端のデザインは日本国内でもマッチするでしょう!

f:id:h-10166:20210508025150p:plain

f:id:h-10166:20210508025215p:plain

Relync | Relync

 

⑤かっこいいシニアを目指す

なぜ高齢者はおんなじ色味の服を着ておんなじものを使用するのか。

それは高齢者向けの商品の「選択肢」の問題だと思います。

70歳になっても80歳になっても(生きてるかな(笑))オシャレに過ごしたいと思っています。

自分が今、見ているものはまだまだごく一部であり世界は広いです。

もっといろんな刺激を受けながら歳を重ねて愉しんで生きましょう!