バイクと車を愉しむダイコクのブログ

ラーメン大好物のダイコクがバイクや車を中心に書きたい事を書きます🖋

シンプルにお題スロット「思い出の一枚」

スポンサーリンク

お題「思い出の一枚」

 

 

 

どーも!

 

ラーメン大好きダイコクです🍜

 

何か真面目な内容を書きたいなと思ってて

 

いろいろネタを探していたら

 

「お題スロット」に気づく。

 

スロットスタート!!!!

 

🎰

 

「思い出の一枚」

 

f:id:h-10166:20170908025622j:plain

 

これは2016年12月31日 pm11:59

 

 

2017年1月1日 am0:00の瞬間!!

 

この瞬間はなにかいつもと違うことがしたいと

 

飛んでみた!

 

意味は「飛躍」!

 

というのも、

 

18歳、京都の公立高校を卒業し、就職。

自分のやりたい仕事やったらそれなりに納得はできたんやけど

 

家庭の事情も絡み大学は諦め、就職を迷わず選んだ。

(まぁ大学に行ってても学びたいことは特になかったけど。)

 

当時の求人は調理師の見習いと美容師の見習いが多かった。

 

ごくごく普通の一般企業でよかったと思ってて

 

父親と選んだ会社へ就職。(一社目で内定。)

 

高校からの斡旋の為、3年は辞められないという暗黙のルールみたいなもの

があった。(僕と父の間で。)

 

自動車部品の卸業。

カーディーラー様、整備工場様を中心にルート営業と電話受注業務。

 

最初は自動車の運転もおぼつかず電話受注業務担当。

 

2年、3年と仕事をしていくにつれてマンネリ化。

 

毎月、毎年同じ内容をコロコロ変わるメンバーとともにこなす。

 

営業所の業績はなかなか上がらず給料も評価もイマイチ。

 

28歳か29歳の時に係長昇進。

 

特に何も環境が変わったわけではなかったけど、

このあたりで僕のモチベーションがざわつきだしてきた。

 

転職を考え、リクルートエージェントに登録して3社ほど面接して不採用。

 

それもそのはず「やりたい事が明確では無かったから」

 

ここで、自分の考え方を変えるお客様と出会う。

 

他の社員は「んー。あの会社無茶苦茶言ってくるから好きになれへんわ」

 

と、社内では嫌厭してるメンバーが多かった。

 

確かに僕が担当に就いたときいろいろムチャを言われたし「くそっ!」

って思ってたのは事実。

 

でもいろいろ仲良くなるうちに厳しい理由が解ってきた。

「お客様に感謝しながら仕事をすると妥協できなくなる。」

 

間違いない。

正論である。

 

でもがむしゃらに仕事をするのではなく効率もこれから先の会社のことも

十分考えながら一つ一つ行動されている。

 

自分はマンネリ化した仕事に埋もれてやりたい事どころか仕事の楽しさとか

仕事をしている意味を忘れていたような気がする。

 

で、ながながと説明してきたけど、

 

写メのジャンプを経て、

 

今年の3月に真剣に転職を考えだし

4月に会社(興味のある職種・ジャンル)の面接⇒採用

5月には15年働いた会社へ退職の意向を伝え、5月末で退社。

6月より今の会社で1から仕事をしています。

 

地元が京都なんですが、地元だと自分が本当に1から始めようとしてるのに

逃げ道が確保されてるような気がしてどうしても地元を離れて仕事したかったんです。

(結局、友達や親には頼ってますが笑)

 

要は何が言いたいかというと

 

(今のところはまだ結果も出してないし3カ月しかたってないけど)

後悔はしたくない

 

行動すると決めたらできるだけ早く行動に移す

 

出会いを大切にする

 

親や友人、自分の事を気にかけてくれる方々に誠心誠意感謝する

 

ってことです。

 

もちろん、僕なんかのブログを読んでくださってる方々へも大変感謝しております。

 

本当にありがとうございます。

 

まだホップステップジャンプの『ホ』ぐらいですが1か月後、2カ月後には

もっといろんな事ができるようになっている自分になります。

 

ありがとうございました。